混合肌 レイチェルワイン

レイチェルワインを使ってみての感想

混合肌でテカリが気になる人がレイチェルワインを上手に使うポイントは、トライアルセットについてくる「アクセントフェースパウダー」にあります。

 

まずはトライアルセットでこのパウダーの使い心地を実感してください。

 

使い方のポイントはファンデーションをつける前にアクセントフェースパウダーを軽くつけること!

 

その上からファンデーションを乗せることでキレイ肌の完成♪
ファンデーションを塗った後のフィニッシングパウダーとして、皮脂が気になる部分に重ね塗りすると、さらにgoodでした。

 

レイチェルワインのアクセントフェースパウダーにはキラキラのラメが入っていて、ハイライトとして使うことができます。

 

ラメといっても派手な印象を与えるものではなかったです。

 

皮脂が気になる部分に最後に軽くのせるだけで顔色が明るくなるのと顔に立体感が出るので、一度使ってその違いがわかると手放せなくなるアイテムでした。

 

このパウダーを仕上げにだけでなくファンデーションを塗る前にも皮脂が気になる部分に塗るだけで、メイク後の皮脂によるテカリをおさえられたので試してみてください。

 

ただ残念なことは粒子が細かすぎるゆえの…

フェースパウダーは慣れると、とても使い勝手がいいアイテムです。

 

ただ、わたし的に残念だったことは粒子が細かすぎるゆえの…飛び散りw

 

これは最初の頃とても苦労しました。

 

ブラシが大きくて使いやすいのはいいのですが、ファンデーションほど多くの量を必要としないパウダーだったので、少量を大きなブラシになじませるとき、必ずと言っていいほど飛び散りや舞い上がりに悩まされたものですw

 

この点は使っていくうちに慣れてくるので、それまでの我慢ってことでw

 
レイチェルワインを使ってみて思ったこと

トライアルセットでファンデーションが2色(ベージュとヌーディ)ついてくるのが気にいりました。

 

  • パウダー同士だから混ぜれば色の調節もしやすかった
  • 暗い色と明るい色とで顔に塗る部分を変えると立体感を出しやすかった
  • 混合肌のわたしでも化粧くずれが気にならず過ごせたのがよかった
  • 休日はフェースパウダーなしのファンデーションだけで快適に過ごせた

 

レイチェルワインは下地いらずで使えるミネラルファンデーションだけど、フェースパウダーを下地代わりに皮脂が気になる部分に塗ると、混合肌でもテカリが気にならず使えたので、まずは試しに使ってみてください。

 

>> レイチェルワイン公式サイト <<